和泉チエンの沿革

大正 5年 3月
関西唯一の自転車用チェーンの専門製作所として発足。順次各種ローラーチェーンの製造開始。
昭和 9年 7月
和泉チエン株式会社に改組。
昭和25年 5月
東京営業所開設。
昭和29年11月
自転車用チェーンのJIS表示許可工場となる。
昭和31年 4月
通産省より企業合理化モデル工場の指定を受ける。
昭和31年 5月
伝動用ローラチェーンのJIS表示許可工場となる。
昭和39年 7月
新本社社屋・新工場完成。
昭和40年 6月
通商産業大臣の輸出貢献企業の認定を受ける(以後、毎年認定)。
昭和40年12月
資本金1億2千5百万円に増資。
昭和44年 9月
専用組立機、連続熱処理炉など生産設備を増設、拡充。
昭和46年 7月
(株)椿本チエインと業務提携。
昭和46年12月
資本金2億円に増資。
昭和48年 4月
(株)椿本チエインとの共同出資によりツバキイズミ販売(株)(現(株)椿本マシナリー)を設立。
昭和49年 3月
資本金2億8千万円に増資、現在に至る。
昭和51年11月
(株)シマノと共同開発した変速機用新型自転車用チェーン生産開始。
昭和59年 6月
チェーンの自動組立機を導入。生産増強をはかる。
昭和59年10月
順送金型と専用プレス機を導入。生産増強をはかる。
昭和60年10月
(株)シマノ向ナローチェーン(バーリングチェーン)の生産開始。
昭和63年 3月
大阪府企業局の阪南丘陵開発事業(関西新空港建設用土砂採取事業)に協力。
平成 2年 4月
大型連続熱処理炉を導入。生産の拡大をはかる。
平成 7年 4月
(株)シマノ向スーパーナローチェーンの生産開始。
平成10年 6月
熱処理炉用LPガスを都市ガスへ切替実施。
平成11年 6月
チェーン組立ラインへのロボット導入を開始。
平成15年 7月
(株)シマノ向新型スーパーナローチェーンの生産開始。
平成17年 3月
新型スーパーナローチェーン用高速自動精密プレスを拡充。
平成19年 4月
(株)椿本チエイン向、RoHS指令に対応した耐環境チェーンの生産開始。
平成19年10月
生産増をはかるため、高速自動精密プレスを拡充。
平成20年 4月
(株)シマノ向、新型高級スーパーナローチェーンの生産開始。
平成21年 1月
(株)椿本チエイン向、小物チェーン(小型サイズ)の生産開始。
平成21年 2月
(株)椿本チエイン向、摩耗寿命および伝動能力を向上させたソリッドブッシュチェーンの生産開始。
平成22年 3月
ISO 9001:2008 認証取得。
平成22年 3月
アルティメート精密成形機導入。
平成22年 5月
(株)シマノ向、新型高級スーパーナローチェーン(新シリーズ)生産開始。
平成23年11月
(株)椿本チエイン向、新型モーターサイクルチェーン生産開始。
平成24年 5月
(株)シマノ向、新型高級スーパーナローチェーン(新シリーズ)生産開始。
平成28年 1月
(株)椿本チエイン向、摩耗寿命を向上させた新グリースチェーンの生産開始。
平成28年11月
泉佐野税務署より優良申告法人の表彰をうける。